Skip to content Skip to footer

【2024年最新】台湾におけるインフルエンサーマーケティングのコツと始め方

人口2,355万人を誇る台湾は、世界で17番目に人口密度が高い地域です。

2017年第3四半期時点で、人口の80%がソーシャルメディアのアクティブユーザーでした。最も人気のあるSNSはFacebookで浸透率77%、次いでYouTube 75%、Line 71%、Instagram 35%と続きます。

台湾市場は中国本土とは大きく異なります。ここには「台湾のグレートファイアウォール」は存在せず、Facebook、Line、Instagram、Twitterなどの海外ソーシャルメディアプラットフォームは自由に運営されています。

Facebookは台湾で最も人気のあるソーシャルメディアプラットフォームですが、近年Lineが急成長を遂げ、1,700万人のユーザーを獲得し、台湾で最も人気のあるメッセージングアプリとなっています。

スマートフォンなどのモバイルデバイスの普及により、台湾のインターネット利用率は2005年の62.7%から2017年には82.3%へと急上昇しました。

ソーシャルメディアインフルエンサーマーケティングは、インフルエンサーがブランド価値とエンゲージメントを伝えるオーセンティックなコンテンツを作成するプログラマティック広告以来の最大の革新と言えるでしょう。

インフルエンサーマーケティングは現在、台湾でも急成長しており、世界的に数十億ドル規模の市場となっています。2018年には84%のブランドがインフルエンサーマーケティングキャンペーンを少なくとも1回は実施する予定です。タイ、インドネシア、ベトナムなどの新興市場や、シンガポール、日本、中国、台湾などインフルエンサーマーケティングが依然として強い国では、マーケティング戦略の一環としてインフルエンサーを活用する意欲が特に高まっています。

マーケターが知っておくべき主要なインフルエンサーマーケティングの統計データ

  • YouTubeのティーンエイジャー登録者の70%が、伝統的な有名人よりもインフルエンサーの意見を信頼している
  • 女性の86%が購入前にソーシャルネットワークを参考にしている
  • 現在ブランドと連携しているインフルエンサーの32%がFacebookを最適なプラットフォームと考えており、Instagramは24%
  • 消費者の71%がソーシャルメディアの口コミを基に購入する可能性が高い
  • YouTubeで最も再生されている美容動画の86%がインフルエンサー制作で、ビューティーブランド自身による動画は14%にとどまる
  • 美容・ファッション企業の57%がマーケティング戦略の一環としてインフルエンサーを活用している
    平均して、企業はインフルエンサーマーケティングに投資した1ドルにつき6.50ドルの収益を上げている

インフルエンサーマーケティングが注目される理由

インフルエンサーマーケティングを検討しているブランドは、戦略を立てる上で業界のトレンドを把握することが重要です。2017年のインフルエンサーマーケティングの主要な3つのトレンドを以下に示します。

トレンド1:コンテンツマーケティングの重視

2016年、インフルエンサーマーケティングがブランドにもたらす良い影響と、そうでない影響の両面を目の当たりにしました。ブランドが犯した顕著な間違いとしては、インフルエンサーの過剰使用、ブランドと関連性の低いインフルエンサーの選定などが挙げられます。しかし、最も避けるべき大きな間違いは、対象者にとって無関係なコンテンツの投稿です。

2017年は、質の高いコンテンツの重要性がさらに高まるでしょう。タイのインフルエンサーが投稿するコンテンツは、エンゲージメント性と双方向性が高いだけでなく、新しく自然で、インフルエンサーとブランドに適しており、共有可能で、行動喚起を含んでいる必要があります。そうすることで、ターゲットの広範なネットワークにリーチし、良い結果を生み出すことができるのです。結果として、質の高いコンテンツ制作に多額の投資をするブランドが、他社に先んじることになるでしょう。

トレンド2:ピープル中心のインフルエンサーマーケティング

多くのブランドやマーケターは、インフルエンサーマーケティングの背後にある理由を考えずに、そのブームに乗ることに集中しています。来年は、キャンペーンを実施する際に、オーディエンス中心の考え方を持ち、消費者に焦点を当てることが重要になります。

2017年のインフルエンサーマーケティングでは、消費者の望むものを提供し、製品やサービスを購入することで彼らの生活にどのような価値が加わるのかを説明する必要があります。多くのマーケターがオーディエンスのことをあまり考えずにマーケティングキャンペーンを実行しているため、いち早く消費者の共感を得ることができれば、他社に先んじることができるはずです。

トレンド3:リスク回避を好む台湾

リスク回避を好む台湾の消費者は、購入の決定にあたってインフルエンサーやクチコミにますます頼るようになっています。これは、オンラインプラットフォームを通じてより多くの売上を達成するために、利用可能なインフルエンサーを活用する好機と捉えるべきでしょう。インフルエンサーマーケティングを活用して消費者に安心感を与えることができれば、ブランドのROIに確実にプラスの影響をもたらすことができます。

したがって、インフルエンサーマーケティングは、特にオンラインでのレビューを常に求める若い台湾人にリーチするための素晴らしいプラットフォームになるでしょう。このようなコミュニティの特性こそが、台湾でインフルエンサーマーケティングが非常に効果的である理由なのです。

インフルエンサーマーケティングの始め方

インフルエンサーへの直接アプローチかエージェンシー経由か

台湾でインフルエンサーマーケティングを実施するために、Instagramインフルエンサーとつながる方法を考えてみましょう。基本的に2つの選択肢があります。企業が直接インフルエンサーにアプローチするか、インフルエンサーマーケティングエージェンシーを通すかです。

表面的には、低コストで簡単にリーチできるため、インフルエンサーに直接アプローチするのが合理的に思えるかもしれません。しかし、台湾には膨大な数のインフルエンサーがおり、それぞれが特定のトピックに特化しているため、インフルエンサーマーケティングの実施や連絡調整は本当に難しい作業になります。効果的なインフルエンサーマーケティングキャンペーンを実行するには、オンラインで入手可能な様々な記事やeBookからインフルエンサーマーケティングの様々な側面について学ぶことをおすすめします。

あるいは、インフルエンサーマーケティングエージェンシーを利用すれば、マーケティングキャンペーンに適したインフルエンサーの特定、価格交渉、成果測定などで大いに助けになるでしょう。

台湾で最も急成長しているインフルエンサーマーケティングエージェンシー

KOL Markets Asiaは、ブランドがInstagramでのデジタル広告キャンペーンをカスタマイズ、管理、立ち上げ、測定できるインフルエンサーマーケティングおよびレポートプラットフォームです。KOL Markets Asiaを使えば、検索エンジンやソーシャルネットワークと同じように、一般ユーザーのインフルエンサーとパートナーシップを組み、広告を配信することができます。

KOL Markets Asiaが提供する4つのサービス

ターゲッティング

顧客プロファイルとカテゴリを設定し、希望のエンゲージメントあたりコストを示す

特定

独自のマッチングアルゴリズムを使って、キャンペーンに適した適切なプロファイルのインフルエンサーを見つけ

拡大

インフルエンサーを動員し、ターゲット消費者にリーチし、ブランドを強化し、オンラインのバズを生み出す最適化されたビジュアルコンテンツを作成する

追跡

ダッシュボードでインフルエンサーマーケティングのパフォーマンスを追跡し、ROIを測定する。希望する成果に基づいて支払いを行う。

インフルエンサーマーケティングの目標とKPIの選び方

最も一般的なインフルエンサーマーケティングキャンペーンの目標

30,000人以上のインフルエンサーを300以上のキャンペーンで起用した経験から、インフルエンサーは様々な方法で活用されていることがわかりました。最も一般的なキャンペーンの目標は以下の通りです。

  • 製品発売
  • ブランド認知度向上
  • コンテンツ生成
  • コミュニティ構築

最も一般的なインフルエンサーマーケティングキャンペーンのKPI

  • リーチ:インフルエンサーのフォロワー数で測定できる。測定は容易だが、価値は最も低い。
  • クリック:測定が容易で、最も重要なパフォーマンス指標の1つ。
  • エンゲージメント:いいね、コメント、シェアなどのソーシャルアクションが含まれる。適切な帰属のためにハッシュタグまたは固有のリンクが必要。クリックよりも価値がある。
  • コンバージョン:インストール、サインアップ、フォーム記入、購入などが含まれる。測定が最も難しく、帰属にピクセルと固有のリンクまたはプロモーションコードが必要。

インフルエンサーの種類の選び方

インフルエンスのピラミッド

「インフルエンスのピラミッド」は、あなたのインフルエンサーとの関係の全スペクトルを網羅しています。以下は、このピラミッドがどのように機能するかを上から下に説明したものです。すべてのインフルエンサーが同じではありません。ここ数年、セレブリティなどのハイエンドのインフルエンサーからマイクロインフルエンサーへの大きなシフトが見られます。インフルエンサーの種類を説明するために、StarNgageは「インフルエンスのピラミッド」を使用しています。セレブリティや思想的リーダーのように、リーチが高く関連性が低いインフルエンサーはピラミッドの上位に位置し、推奨者や現在の顧客のように、リーチは低いが関連性が高いインフルエンサーは下位に位置します。マイクロインフルエンサーは、リーチを持ちつつ、何よりもオーディエンスとの関連性が高い人々の集まりです。彼らの影響力は、ニッチな理解力とオーディエンスとの相互信頼関係にあります。

インフルエンサーの種類と分類方法

「インフルエンサー」という言葉は、かつてセレブリティやソーシャルメディアのエリートを指す言葉でした。しかし、ソーシャルメディアの大衆化により、ブロガー、Instagrammer、YouTuber、さらには一般消費者までもがインフルエンサーに含まれるようになりました。そのため、業界ではインフルエンサーについて語る際の共通の分類法を確立しようとしています。インフルエンサーは以下の3つのタイプに分類できます。

メガインフルエンサー

50万人以上のフォロワーを持ち、1投稿あたり2〜5%のエンゲージメントを誘発する俳優、アーティスト、アスリート、ソーシャルメディアスター。インフルエンサースペクトラムの中で最もリーチが高く、その影響力は有名人としての地位に由来する(彼ら自身がブランドであることが多い)。ブランドに代わって行動を促す際の全体的な共鳴度は最も低い。

マクロインフルエンサー

5万人から50万人のフォロワーを持ち、1投稿あたり5〜20%のエンゲージメントを誘発するプロのブロガー、YouTuber。ライフスタイル、ファッション、ビジネスなど、カテゴリー特化型の影響力を持ち、スペクトラムの中で最もトピックとの関連性が高い。

マイクロインフルエンサー

1,000人から10万人のフォロワーを持ち、1投稿あたり25〜50%のエンゲージメントを誘発する一般消費者。インフルエンサースペクトラムの中で最もブランドとの関連性と共鳴度が高く、ブランドとの個人的な経験とネットワークとの強い関係性によって影響力を発揮する。

台湾のソーシャルメディアインフルエンサーの状況

メガインフルエンサー

他の方法で生計を立てており(例:アスリート、俳優、アーティスト、トップモデル、セレブリティ)、影響力を副収入源として活用している。(リー・ミンホ、PSY、BingBangなど)

マクロインフルエンサー

インフルエンサーとして生計を立てている(例:プロのブロガー、クリエイター、ジャーナリスト)。

マイクロインフルエンサー

関連する影響力を持っているが、それを知らないか、マクロインフルエンサーになることを望んでいる消費者。

ブランドアドボケート

情熱的で共有する意欲はあるが、影響力は少ない消費者。

台湾のFacebookトップセレブリティ

1. 五月天阿信
2. 周杰倫 Jay Chou
3. 王力宏 Wang Leehom
4. 范范范瑋琪
5. 楊丞琳 Rainie Yang
6. 田馥甄 Hebe
7. 黑人陳建州
8. 隋棠 Sonia Sui

台湾のトップYouTuber

1. 聖結石Saint
2. 主頻道【谷阿莫】
3. TGOP (This Group Of People)
4. 小玉
5. 蔡阿嘎life
6. 那對夫妻
7. HowFun
8. 白癡公主

台湾のトップインスタグラマー(Instagramインフルエンサー)

1. Eddie Yuyan Peng(yuyanpeng)
2. 范范范瑋琪
3. 陳建州(blackielovelife)
4. JOLIN CAI 蔡依林(jolin_cai)
5. 羅志祥(showlostage)
6. 徐熙娣(elephantdee)
7. Bolin Chen(chenbolin)
8. 蔡康永(kangyongcai)

インフルエンサーマーケティングのコンテンツタイプの選び方

インフルエンサー起用前にコンテンツタイプを計画する

ブランド生成型

ブランドがコンテンツを作成し、インフルエンサーはそれをネットワークで共有するよう動員される。
– 長所:インフルエンサーは個人的な工夫を加えず、単にコンテンツを共有するだけ。リスクが最も低い。
– 短所:創造性とパーソナライズが少ない。インパクトが最も低い。

共同開発型

ブランドがコンテンツのガイドラインを作成し、インフルエンサーはそれに基づいて独自のコンテンツを作成する。例:「シンガポール植物園でのセルフィー写真を共有してください」。
– 長所:適度なインパクトが期待できる。
– 短所:軽度のリスクがある。

インフルエンサー生成型

インフルエンサーの創造性に基づいてコンテンツが生成される。ブランドは緩やかで一般的な指示を与える。
– 長所:インフルエンサーはブランドからの緩やかなガイドラインの下で完全な創造性を発揮する。最大のインパクト。
– 短所:リスク管理の一環としてレビュープロセスが必要。リスクが高い。

インフルエンサーへの適切なインセンティブの選び方

インフルエンサーを起用する前にインセンティブを計画する

インフルエンサーにどのようなインセンティブを提供するかを決める前に、考慮すべき様々な要因があります。

排他性

インセンティブは、インフルエンサーマーケティングキャンペーンへの参加を動機付けるために、起用したいインフルエンサーのみに限定すべきである。

インフルエンサーのタイプ

ほとんどのメガインフルエンサーとマクロインフルエンサーは現金報酬を要求するが、マイクロインフルエンサーは現金以外の報酬も考慮する。

ブランド親和性

最も持続的で価値のあるインフルエンサーとの関係は、インフルエンサーとブランドが共通の価値観を共有しているという相互の信念に基づいている。最良の結果を得るためには、あなたのブランドに情熱を持つ関連インフルエンサーを起用することをおすすめする。この場合、ブランド化されたインセンティブが最も効果的である。

実現努力

インフルエンサーがブランドコンテンツを作成・共有するためにより多くの努力が必要な場合、より高いインセンティブ価値が必要となる。

インセンティブの種類

現金

ほとんどのメガインフルエンサーとマクロインフルエンサーには、インセンティブとして報酬を支払う必要がある。ただし、マイクロインフルエンサーの中には、現金以外にもVIP待遇や特別なブランドインセンティブを受け取ることに前向きな人もいる。

VIP待遇

マイクロインフルエンサーを起用する際、最も人気のあるインセンティブは特別な体験である。このタイプのインセンティブは、インフルエンサーがあなたのブランドに情熱を持っている場合に最も効果的である。割引、ギフトカード、限定商品のプレゼント、VIP無料トライアルなどの形で提供できる。

承認

マイクロインフルエンサーは、承認などの非金銭的報酬を受け取ることを非常に喜ぶ。ウェブサイトなどの自社メディアで彼らのコンテンツを紹介したり、ソーシャルメディアチャンネルで彼らの声を共有して脚光を浴びせることができる。

一般的なインセンティブのアイデア

– 限定イベント
– 先行アクセス
– 割引
– 無料トライアル
– コンテストエントリー
– ギフトカード
– 体験ボックス
– 限定商品サンプル
– 優先サービス

インフルエンサーマーケティングキャンペーンでお手伝いできることがあれば、ぜひご相談ください。

 

Leave a comment

CAPTCHA