Skip to content Skip to footer

【人気KOLを紹介】台湾のインフルエンサーマーケティング戦略とキャンペーン方法

台湾の人口密度の高さとテクノロジーへの精通ぶりは、インフルエンサーマーケティングの最適な環境を作り出しています。現在、台湾の消費者は商品選択の際、インフルエンサーやクチコミにますます頼るようになっています。その理由は、インフルエンサーが信頼でき親しみやすく、彼らの意見が重視されているからです。このような市場の行動を考えると、台湾でのインフルエンサーマーケティングキャンペーンが大成功を収めているのも不思議ではありません。

台湾ではソーシャルメディアが非常に浸透しており、人口の約85%もの人々が利用しています。これにより、2022年だけでもマーケターはインフルエンサー広告に1億6490万ドルという莫大な金額を投じました。これは前年比で2900万ドルも増加しています。インフルエンサーが君臨する台湾で最も人気のあるソーシャルメディアプラットフォームは、Instagram、TikTok、YouTubeです。

2022年の台湾におけるソーシャルメディア利用の概要

台湾の消費者は1日に2時間以上をソーシャルメディアのスクロールに費やしています。これは、クチコミを通じて新しいブランドを発見し、商品を調べるのに十分な時間です。インフルエンサー広告が、台湾市場への参入を目指す企業にとって最も効果的な戦略となっているのも当然のことでしょう。

それでもまだ納得できませんか?この記事で紹介する台湾の上位7つのインフルエンサーマーケティングキャンペーンを読めば、影響力の真の力を目の当たりにすることができるでしょう。

台湾のインフルエンサーマーケティングのキャンペーン事例7選

1. Absolut とジョリン・ツァイ
2. Fila とクラウド520
3. マクドナルドとサンディ・マンディ
4. ビューティーブレンダーとモリー・チャン
5. Dettol とオースティン・ソー
6. マミーポコとニコ&キム
7. グ・アモとフォージ・フィットネス

1. Absolut とジョリン・ツァイ

Absolutウォッカはプレミアムウォッカのリーダーであり、南スウェーデンから世界中に広まっています。ヨーロッパだけでなく、世界中で人気を博しているのです。Absolutが台湾市場を目指した際、一流のインフルエンサーとタッグを組む必要がありました。そこで登場したのが、歌手、女優、そしてスーパースターのジョリン・ツァイです。

Absolutは、現実世界でのつながりの重要性を伝えるため、3人のバーチャルアバターを起用したショートフィルムを制作しました。ジョリンは、Absolutウォッカと同様の高級感、洗練さ、VIPな雰囲気を醸し出しているため、このキャンペーンにぴったりの人物でした。メッセージを強調するために、Absolutはテッサ・トンプソン、MNEK、リッキー・オーティスなどの他の有名人も起用しました。

キャンペーンは大成功を収め、ジョリンの400万人のフォロワーを超えて広がりました。ジョリンはInstagramでビデオを共有し、13万7千回以上の再生回数を記録しました。ジョリンのような影響力のある著名人と提携することで、Absolutはバーチャルな観客に、フィルターやその他の障壁なしに現実世界でつながることを促すことができたのです。

2. Fila とアンディ&ジャニン

Filaは100年以上の歴史を持つブランドですが、現代でも健在です。元は韓国で設立されたFilaは、今や世界中の家庭で親しまれるブランドになりました。スタイリッシュで快適なスポーツウェアで知られるFilaは、インフルエンサーの人気カップル、アンディとジャニン(クラウド520)の力を借りて、台湾で新たな一歩を踏み出すことにしました。

アンディとジャニンは、ポジティブでグッドバイブスあふれるコンテンツで、ハイエナジーの象徴的存在です。TikTokで100万人以上のフォロワーと880万件以上のいいねを獲得しているのも頷けます。Filaが高速でエネルギッシュなダンスキャンペーンのためにインフルエンサーデュオを必要としたとき、クラウド520は完璧なフィットでした。

クラウド520がキャンペーン動画をTikTokアカウントに投稿すると、彼らのダンスの動きはあっという間に注目を集め、200万回以上の再生、16万2千件のいいね、700件のインタラクションを記録しました。この大規模な露出は、特に台湾市場でのFilaにとって大きな勝利でした。適切なインフルエンサーを選ぶことで、状況は一変します。Filaはこのキャンペーンで大成功を収めました。

3. マクドナルドとサンディ・マンディ

マクドナルドを知らない人はいないでしょう。このファーストフード大手は世界中で知られており、特に台湾ではマーケティングとPRにかけては一流です。マクドナルドへの愛をさらに広げるために、マクドナルドはTikTokとYouTubeで大きなフォロワーを持つ、台湾の有名な双子のサンディとマンディとタッグを組むことにしました。

サンディとマンディは、驚異的なダンススキルと練習を重ねた振り付けで知られています。TikTokでは110万人のフォロワーと770万件のいいねを獲得しており、その理由は明らかです。マクドナルドはこの才能あふれる2人と「マクドナルドダンシングウェーブ」イベントで提携しました。

このイベントでは、#McDonaldsXuanlangDanceのハッシュタグを使ったダンスチャレンジが行われ、サンディとマンディが参加者のためにステップを振り付けました。上位10名の勝者には、マクドナルドの限定版のファンが贈られました。サンディとマンディがTikTokでこのイベントについて投稿すると、大成功を収め、12万回以上の再生と5,000件以上のインタラクションを記録しました。

台湾の観客はこのイベントに夢中になり、マクドナルドの新メニュー「森永ミルクキャンディーマックフルーリー」の宣伝に一役買いました。サンディとマンディのインフルエンサーとしての力により、マクドナルドは台湾でさらに多くのファンにリーチすることができました。なんとおいしく成功したキャンペーンでしょう。

4. ビューティーブレンダーとモリー・チャン

ビューティーブレンダーは、米国発のメイクアップブランドで、東南アジア全域に進出しています。彼らの代表的な製品は、メイクアップのベストフレンドとも言えるメイクアップスポンジやブレンダーです。ビューティーブレンダーが台湾に上陸した際、ブランドを完璧に体現できるインフルエンサーが必要だと分かっていました。そこで登場したのがファッション&ビューティーインフルエンサーのモリー・チャンです。

モリーはInstagramで70万人以上のフォロワーを持ち、彼女のコンテンツは美しい服装、高級ファッション、美的な写真撮影が中心です。彼女の観客は、セクシーでクラシック、そしてパワフルな女性らしいイメージを持つ彼女を愛しています。ビューティーブレンダーは、彼女がブランドにぴったりだと知っていました。

モリーがInstagramでビューティーブレンダーとのパートナーシップについて投稿すると、大ヒットしました。9万回以上の再生と1万3千件以上のいいねを獲得し、フォロワーはお気に入りのメイクアップスポンジブランドとのコラボに興奮していたことは明らかでした。実際、多くのフォロワーがビューティーブレンダーの製品をどこで購入できるのか尋ねており、インフルエンサーマーケティングが購入意欲や売上を促進する力を示しています。

モリーをアンバサダーに選んだことは、ビューティーブレンダーにとって賢明な一手でした。自社のニッチにぴったりのインフルエンサーと提携することで、ブランドへの注目を集め、台湾での売上を伸ばすことができました。メイクアップ界での理想的なマッチングと言えるでしょう。

5. Dettol とオースティン・ソー

台湾ではダンスチャレンジが大流行しており、Dettolはこのトレンドを上手く活用する方法を知っていました。Dettolはドイツ発の清掃用品・消毒剤ブランドで、現在は東南アジアにも進出しています。手指消毒製品を宣伝するために、Dettolはシリアスなムーブを持つダンサー、オースティン・ソーとタッグを組みました。

オースティンは、生徒の前で「講義モード」からダンスモードに切り替える教室ダンス動画で知られています。Dettolのキャンペーンでは、オースティンが#HandWashChallengeのハッシュタグを使ってダンスチャレンジに参加しました。TikTokで230万人のフォロワーと3,340万件のいいねを持つオースティンは、Dettolのメッセージを広めるのに最適なインフルエンサーでした。

オースティンがTikTokでダンスチャレンジ動画を共有すると、大ヒットとなりました。動画は28万8千回以上の再生と2万5千件のいいねを獲得し、ハッシュタグ自体は驚異的な1,280億回の再生回数を記録しました。このキャンペーンは台湾だけでなく、インドなどの他の東南アジア諸国でも宣伝されました。

Dettolの目標は、正しい手順で20秒間手を洗うことを定期的に行うよう人々に促すことでした。TikTokでショートフォームのビデオコンテンツを制作することで、見事にその目標を達成しました。オースティンのキラーなダンスムーブのおかげで、Dettolは大勢の観客にメッセージを伝えることができました。手洗いがこんなに楽しいとは誰が想像したでしょうか。

6. マミーポコとニコ&キム

マミーポコは、適切なインフルエンサーを選ぶことがキャンペーン成功の鍵だと知っています。そして、ニコとキムとのパートナーシップで大当たりを引き当てました。マミーポコは、高品質のベビー・子供用品、特に柔らかく豪華なおむつで世界的に知られる日本のブランドです。正直、快適なおむつを愛さない人はいませんよね。

ニコとキムは、Instagramで約70万人のフォロワーを持つカップルです。彼らは家族、特に愛らしい赤ちゃんの息子についてシェアするのが大好きです。彼らのオンラインアイデンティティは、愛情、ケア、家族志向が全てです。これがマミーポコのおむつにぴったりのインフルエンサーになった理由です。

マミーポコについての感想をInstagramで共有した際、彼らの投稿は大反響を呼びました。おむつが赤ちゃんに快適さを提供する上でいかに効果的かについて語り、キムは産後ケアの難しさについても触れました。フォロワーたちは、彼らの真摯な説明に感動し、祝福のコメントを残したり、自身の経験を共有したりしました。これは、インフルエンサーとフォロワーの関係が、実際のインタラクションを生み出せることを示しています。

ニコとキムによるマミーポコの本物の支持のおかげで、ブランドは露出を得て、誠実なイメージを広げることができました。おむつがこんなにも心温まるものだとは、誰が想像したでしょうか。

7. グ・アモとフォージ・フィットネス

フォージ・フィットネスは、台湾で体を鍛えたい人にとって最高の場所です。このフィットネスセンターは、マンツーマンのレッスンと自主トレーニングで知られ、オンライン上で大きな存在感を築いています。しかし、マーケティングをさらに高いレベルに引き上げるために、彼らはフィジカル・フィットネス・インフルエンサーのグ・アモとタッグを組みました。まさにジムの天国で結ばれたマッチです。

グ・アモのコンテンツは、スポーツ、ボディビル、フィットネス、健康全般に関するものです。Instagramで3万2千人以上のフォロワーを持ち、台湾のジムコミュニティで評価を得ている彼は、フォージ・フィットネスの価値観を体現するのにぴったりの人物でした。

グ・アモがフォージ・フィットネスについて4つの画像コンテンツを投稿したことで、センターはさらなる注目を集めることができました。彼のキャプションは常にフォロワーにワークアウトを始めること、ジムに行くこと、気を散らすことを忘れることを促していました。7,000件以上のいいねとコメントを獲得したことから、彼の投稿が聴衆の心に響いたことは明らかです。

グ・アモとフォージ・フィットネスのパートナーシップのおかげで、ジムはより広い層に露出を得ることができ、フォロワーは大きなワークアウトのインスピレーションを得ることができました。グ・アモがそばにいれば、パーソナルトレーナーは必要ありません。

結論

インフルエンサーマーケティングは、ソーシャルメディアキャンペーンにおいて最も効果的な戦略になりつつあります。台湾は、人口の約85%がソーシャルメディアユーザーであり、インターネット利用者が多いという特徴があります。2022年には、ソーシャルメディアがブランドリサーチや発見の主要なプラットフォームになりました。

このデジタルトランスフォーメーションは、企業のマーケティング方法にも変化をもたらしています。台湾の消費者は、フォロー、知っている、信頼している人からの本物のコンテンツを好むようになりました。したがって、インフルエンサーマーケティングは、台湾で広告を打つための最良の戦略なのです。

これらの7つのインフルエンサーマーケティング成功事例が、台湾のインフルエンサーがブランド認知、ロイヤルティ、売上の向上に与える影響力について理解を深めてくれたことを願っています。

 

Leave a comment

CAPTCHA